私のこだわり

フリルに出店する農業女子のこだわりと想いをご紹介します。

自然の力で育った野菜の魅力を届けたい(花島綾乃さん/千葉県)

f:id:fril:20171116194032j:plain

千葉県松戸市、畑を守ってきた父の他界をきっかけに23歳で農業を受け継いだ花島さん。美味しい野菜作りのためこだわっていることや、購入してくれる人に伝えたい想いについてお聞きしました。

 

農薬や化学肥料に頼らない自然農法に挑戦して1年

私が栽培する畑では、農薬や化学肥料は一切使っていません。自然の力だけで育てることで本当に体に良い野菜を作りたいんです。父の頃からもう何年もこの畑では農薬を使っていなくて、その分草むしりなどとても手間がかかりますがこの栽培方法が私のこだわりなんです。

毎朝空が明るくなる前から畑に出ますが、朝日が差し込む瞬間に植物がみせる生き生きとした表情が好きです。農薬を使わないことで虫食いもありますが、自然の力だけで育った野菜は香りもしっかりしていて凄く美味しいんですよ。手間暇かけて育てた野菜は本当に可愛いし、収穫するときはとても嬉しいです。

f:id:fril:20171116194046j:plain

f:id:fril:20171116194103j:plain

(農薬を使わないからこそ多少の虫食いも)

 

家族で助けあう農業

農業を始めていまは1年ちょっと。

今年は台風が本当に多くて、愛情を込めて育てた野菜が倒れてダメになってしまうこともあり、自然を相手にする農業の厳しさを痛感しました。それでも続けていけると思えるのは、家族や周りの先輩農家さんの助けがあるからなんです。隣の畑のおじいちゃんとも仲がよくて、農家の先輩として教えてもらうこともありますし、話を聞いてあげることもあります。そういうのが凄く自分に合っていて、大空の下で地元の人たちとコミュニケーションを取りながら働く農業が本当に楽しいと思えるんです。

 

でも農家を継ぐと決めたとき、これまで何をしても賛成してくれた母に「農家はやめなさい。そんなに甘くない。」と言われたんです。父と共に農業の辛さも経験してきた母だからこそ、私のことを想ってくれたんだと思いました。それでも農業を始めたかったのは、父が残してくれた畑を処分したくなかったからです。そんな想いを汲み取ってくれたのも家族でした。旦那さんが脱サラして一緒に農業をしようと言ってくれたり、弟が手伝ってくれたりして、いまでは畑作業はもちろんのこと注文をいただいた野菜を出荷する時も、みんなで役割分担しながら楽しく作業をしています。

f:id:fril:20171116194121j:plain

(朝収穫したものを出荷する花島さんの野菜セット)

 

「お金じゃ買えない農業」

私は「お金じゃ買えない農業」をテーマに農業を始めました。大量出荷はできませんが、家族で分担して出せる範囲で丁寧に対応する暖かい農家を目指したいんです。

楽しんで農家をしているけど、買ってくださる方にとって「若いから」が言い訳にならいようにもしたいと思っていて、出荷する時は野菜を種類ごとに袋詰めして、買った人が「何の野菜だろう?」って思わないように一品ずつ品種と説明を書いた案内を入れています。あとお手紙も。美味しく食べてもらいたいし、私たち家族が心を込めて作ったことも伝えたいから、毎回手書きのメッセージを添えることにしています。

f:id:fril:20171116194204j:plain

 

わかってくれる人が買ってくれたら

購入される方に新鮮な状態で届けるため、いつも土付きの状態で発送しています。そうすることで保湿されて生き生きした状態で届くんです。あと野菜は好き嫌いもあるので、事前にコミュニケーションが取れる方からは要望も聞いて、入れる野菜を決めています。

また、少しでも私たちの野菜をわかってくれる人に買ってもらいたいから、SNSを通じて畑の状態や、おすすめのレシピなどの情報発信もしています。例えばお弁当を華やかにしてくれる野菜のレシピとかをInstagramで発信すると、同世代の共感してくれる人からコメントが入って、私たちの野菜のファンになってくれます。そういう人達に向けて可愛くて美味しい野菜をさらに届け続けたいし、共感してくださる人たちをもっと増やしていきたいと考えています。

f:id:fril:20171116194219j:plain

 

【プロフィール】