私のこだわり

ラクマに出店する農業女子のこだわりと想いをご紹介します。

水と太陽と土で育つところを想像して食べてほしい(小島裕美さん/千葉県)

f:id:fril:20171120150111j:plain

千葉県旭市、海沿いに面して広がる田畑の中に小島さんの農園があります。代々受け継がれた土地では現在、米、キュウリ、トマト、チンゲン菜を中心に農産物が育てられていています。小島さんの育てた農作物は味はもちろん、鮮度が良いことも特徴ということで、作り方のこだわりをお聞きしました。

 

安心安全は当たり前

私の農産物は安心・安全は当たり前で、食べていただく方には良品をお届けしたいと考えています。そのためにこだわっていることが2つあります。一つは低農薬。もう一つは、土作りにこだわり野菜を元気に育てることです。

特に土作りが重要で、収穫時に大きな差がでます。良い土にすることで根っこがしっかり張るので、栄養と水分が十分に伝わり実のつき方にも大きく関わってきますし、収穫量も変わってきます。そして元気に順調に成長した方が美味しい野菜ができるんです。

f:id:fril:20171113095040j:plain

 

農産物の栽培は夫婦二人三脚

農産物はスタッフも含めて夫婦で愛情を込めて作っています。栽培については主人の方が経験もあり、これまで勉強もしているから頼る部分が多いのですが、どうしても一人だと限界があります。広い畑を見切れないところも出てくるので、畑の状況についてどこで病気が発生しているかなど日々情報交換することで、スタッフを含めみんなで美味しい野菜を作っています。

f:id:fril:20171113094901j:plain

 

水と太陽と土で育つところを想像して食べてほしい

最近強く考えていることがあります。愛情込めてつくっているので、食べる方にもその想いをなんとか伝えたいんです。小さい種が土と水と太陽と人の愛情で大きく育ってゆく過程を想像してもらえると、野菜をより美味しく感じてもらえるんじゃないかと思います。特に子供にはそうしたことを食育として伝えたいので、畑の様子や私たちの想いをブログで発信したり、小学校から見学があれば積極的に受け入れたりもしています。さらに今後は農産物を作るだけでなく、農業にも興味を持ってもらいたいので、将来農業に関わりたいと考える子たちを育てられる仕組みをつくれたら幸せです。そうすることで米離れなども防げると思います。

f:id:fril:20171113094918j:plain

(青々としたチンゲンサイの芽)

f:id:fril:20171113094932j:plain

 

農業を始めたのは運命

農業を始めたのは運命です(笑)。農家の長男である主人と結婚したのがきっかけです。でも、元々農業には興味があったんですよ。だから自分も好きで始めた感じで、全く抵抗がなかったです。他所の土地から嫁いできたので、始めは地域習慣に戸惑いました。そして、今の農業経営の基盤を築くまで想像以上の毎日でした。これからは、第2ステージに進みます。未来に続くように、自分たちで農業形態を作り変えていこうと思っています。

f:id:fril:20171113095009j:plain

 

自然との一体感が農業の魅力

農業を始めてから嬉しいと感じる瞬間が沢山あるんですよね。その中でも一番は、自分で育てた農産物を収穫する時。太陽の下で土の匂いを感じたり、水の音を感じながら育てた農産物が実って収穫できることはとても幸せです。さらに作った野菜を購入してくださった方が「小島さんの野菜が美味しい」と言ってくれることは、大きな喜びですね。

野菜も人と同じで病気がちなものと、元気なものがあるんです。私の作る野菜は元気に育てることにこだわりがあるので、これからも元気な野菜を育ててたくさんの人に食べてもらいたいです。

f:id:fril:20171113094954j:plain

 

【プロフィール】